超現場ブログ

BLOG

WinSCPで文字コードと改行コードが変換される

WindowsマシンとLinuxサーバーの間で、WinSCPなどのFTPツールを使ってデータの送受信を行った場合、文字コードや改行コードが自動的に変換される場合があります。

最近はLinuxサーバーもUTF-8が主流のようですが、ちょっと前だとEUCの場合があります。
その場合、改行コードがLFとなっていることが多いです。
このファイルをWindowsマシンにダウンロードする時に、テキストモードでダウンロードすると自動的に文字コードをShift-JISに、改行コードをCR+LFに変換してしまいます。

htmlファイルをアップロードして、動作確認して、そのファイルをダウンロードして修正して、またアップロードして・・・。

文字化けが直らなくて泣けます。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』さくらのレンタルサーバ スタンダードのお申込みはこちら(公式ページ)WordPressを使うならロリポップ!簡単インストール完備で楽々スタート!

 

解決方法

winSCPの場合、バイナリモードでファイル転送することで回避できます。
「オプション」→「環境設定」→「転送」→「デフォルト」→「編集(E)」で、転送モードをバイナリに変更します。

 

結論

まずは転送モードを確認。文字コードだけでなく、改行コードにも気をつけましょう!

Akros東京校ではマンツーマンのPRO講座以外にも短期で学べる「短期講座」も開催しています。
Webデザイナーとして成功するための条件
Webデザインの第一歩!Photoshop基礎マスター講座
Webデザインの第一歩!実践 Photoshop基礎 バナー制作講座
UI/UXデザイン講座 ~初心者向けAdobe XD基礎講座~
初心者でも3Hでホームページが作れる!WordPress講座
Google AnalyticsによるWeb解析セミナー 初級

上記以外にも限定講座なども開校しておりますので気になる方はぜひご確認・ご受講ください。
セレクト講座
短期コース






CONTACT

お問合せ

体験お申込み・資料請求・ご質問・
ご相談はこちらから

受付専用フリーダイヤル

フリーダイヤル 0120-941-071

受付時間:10:00〜18:00 (土日祝定休)

Akrosでは、受講生と一緒に成長したい仲間を募集しています