超現場ブログ

BLOG

Webデザインを勉強中のあなたに役立つ講座

Webデザイナーとは、Webサイトを作る仕事をする人のことです。
では、WebデザイナーがWebサイト制作の1から10まで携わるのでしょうか?
Webサイトを作る工程には、それぞれに専門性を持った職種が関わっています。

Webサイト制作に関わる職種

Webディレクター
案件の進捗管理や予算管理、全体のディレクションを行います
Webデザイナー
ワイヤーフレームを元に見た目のデザインを作ります
コーダー
デザインを元にブラウザでデザインを再現できるようにコーディング(HTML・CSS)を行います
Webプログラマー
Webサイトに動きをつけたり、裏側のシステムを組み上げます
Webマーケター
公開されたWebサイトを解析し、売れる仕組みを考え提案します

この中でも、特に女性に人気があるのはWebデザイナーという職種です。

Webデザイナーとして成功するための条件

先日開催されたこの講座は、Webサイト制作の中でもデザインを作るWebデザイナーとして成功するために、どのようなことをすればいいのか、現役のWebデザイナーが実際に使っているツールの紹介、経験から学んだ考え方をレクチャーします。

・名刺を作り、Webデザイナーと名乗った瞬間から、Webデザイナーになれます。
・Webデザイナーになれても、それで成功できるとは限りません。実績作りが大切です。
・実績を作っていく方法。
・制作に必要なこと。
・営業で必要なこと。
・常にスキルアップしましょう。スキルアップに必要なツールや方法。

このようなお話のあと、実際にバナーを作ってみるというワークショップがありました。
まず、手書きでラフ案を書き、操作が簡単なAdobeXDを使って文字や画像を配置していきます。
短時間で5つの案を出す、という指令があり、皆さん楽しんで取り組みました。

講座風景1講座風景2

デザイナーが使うツールPHotoshop

今回は、操作が簡単なAdobeXDを使いましたが、まだまだこの業界ではPhotoshopの使用率が高いそうです。
コーダーも、Photoshopで作ったデザインデータを読み解きながらコーディングすることになるので、Photoshopを使えないと仕事になりません。
Web制作に必要なツールPhotoshopをこの機会に学んでみませんか?

Webデザインの第一歩!Photoshop基礎マスター講座

Webデザインの第一歩!実践 Photoshop基礎 バナー制作講座

初心者から現場で使えるWebデザイナーを目指す!Photoshop Webデザイン制作


CONTACT

お問合せ

体験お申込み・資料請求・ご質問・
ご相談はこちらから

受付専用フリーダイヤル

フリーダイヤル 0120-941-071

受付時間:10:00〜18:00 (土日祝定休)

Akrosでは、受講生と一緒に成長したい仲間を募集しています